旅館、夕食

また連泊の人にしか公開されない料金体系もあり1泊だけより優遇された料金です。
いつも利用する旅行会社なら、ポイントもたまります。
しかし、その旅行会社に空室がなければ、思い切って別の旅行会社のサイトで検索してみるのも得策です。
他のところならまだ空室が残っている可能性もあります。
よくよくねければ、ホテルや旅館のサイトにゆき、それでもなければ、直接電話して問い合わせて予約すると、納得料金で宿泊が可能です。

予約時の注意
また、そのような予約サイトを丁寧に検索すると、レディース向けとして、ホテル内のラウンジで珈琲のサービス付きや、1日バスカードやQUOカード付きなどのサービスがおまけに付加されて実質的に値引きされている商品も発見されます。
なお、予約時に注意すべき点は、禁煙室か、喫煙室かをしっかり確認することです。
それから、オンライン決済専用という表示している商品があり、泊まっても泊まらなくてもいったんクレジット決済してしまうので注意が必要です。

池の見える廊下

旅館のタイプも、温泉を売りしたものや食事を売りにしたものなど各種のタイプがあります。
また、旅館と称していても、実際にはホテルと大差ない宿泊施設もあります。
幼い子供連れの家族旅行には、ベッドでなく布団を利用できる旅館がおすすめです。
また、食事についても、部屋食なのか、食事処なのか、レストランなのかを確認しておく必要があります。
宿泊する部屋についても、山側向きの部屋か、海側向きの部屋によって料金が変わる場合がありますので、注意する必要があります。

早目に日程を決める
ホテルや旅館の予約はインターネットから行うほうが電話で予約するより割安な部屋がみつかります。
とくにホテルのサイトより旅行会社が押さえている部屋のほうが割安に泊まれます。
当然ながら平日料金は週末料金より安く設定されていますので、旅行の日程は、そこも考えて決めるといいです。
週末は高いとわかっていても、そこしか行けない場合でも、宿泊予定日が早くから決定しているような場合には1週間前、2週間前という早割が利用できます。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031